お金を借りる方法〜銀行

お金を借りることのできる金融機関として、真っ先に「銀行」を挙げる方も多いでしょう。
日常生活の中でも利用する機会の多い銀行は、わたしたちにとって一番身近な金融機関といえるかもしれません。

 

メガバンク・地方銀行ともに、住宅ローン・教育ローン・カーローン・カードローンなどの様々な種類のローンを取り扱っています。

 

これまでの銀行はどちらかといえば、個人ローンよりも大口の法人融資に力を注いでいました。ただし最近では収益力の向上を図るとともに、多様化する社会情勢に対応する目的で、個人ローンにも注力するようになっています。

 

テレビCMやインターネット広告などを活用し、あらゆる方面で顧客の勧誘を行っています。そのような銀行ローンには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

金利が低い

銀行ローンの最大のメリットは、なんといっても「金利の低さ」でしょう。
民間の貸金業者と比較するとはるかに低い金利でお金を借りることができます。

 

銀行は利用者から「預金」を預かり、そのお金を「貸金」として運用することができます。
貸金業を専門とする金融業者とは、そもそも貸金の原資が異なりますので、低金利のローンを実現すすることが可能になっています。

 

最近ではネット銀行のローンが、非常に低金利として人気を集めています。
ネット銀行は基本的に有人店舗を有しません。
店舗管理費や人件費を削減できる分を、利用者の低金利に還元することが可能なのです。

 

高額融資も可能

豊富な資金量は、そのまま貸出限度額の大きさにつながります。
ローンの種類や利用者の属性などにもよりますが、全体的に民間貸金業者よりも高額融資を期待することができます。

 

たくさん借りることができることで、用途も多岐に利用できることになります。
ただしたくさん借りることで、返済も長期にわたることになりますので注意しましょう。

 

審査基準が厳しい

低金利・高限度額が人気の銀行ローンですが、その分審査基準が厳しくなる傾向にあります。「銀行で不合格だったけど、消費者金融で合格できた」という声をよく聞くのは、銀行の審査基準が消費者金融に比較して厳しいことを示しています。

 

お客様の預金を預かる以上、審査基準を厳しくして、少しでも貸倒リスクを除く必要があるのです。

 

バブル経済崩壊以後、多くの銀行は多額の不良債権問題に苦しめられてきました。
その要因が「担保主義」に頼った審査基準にあったといわれています。

 

不動産などの担保が十分であれば、多少の返済能力には目をつぶって多額の融資を実施していたのです。ところがバブル経済が崩壊し、不動産の価格が急落したことにより回収不能となった債権だけが残ってしまいました。

 

現在の銀行は不良債権問題も一段落し業績を向上させていますが、同じ過ちを繰り返すことは世間も許しません。

 

そのため独自の審査基準を導入し、返済能力(とくに「キャッシュフロー」と呼ばれる直接返済可能な能力)に注意しながら審査を行っています。

 

ただし銀行ローンが決して利用しにくい、というものではありません。
返済能力・キャッシュフローに問題がないと判断されると、むしろ積極的に貸出を行ってくれます。しかも低金利で利用でき、普段から利用する機会の多い銀行だからこそ、安心して借り入れも行うことができるのは大きな魅力といえるでしょう。
人気の記事
お金を借りる!学生が借りるには?