お金を借りる方法

この世の中、何をするにもまず「お金」が必要になってきます。
わたしたちが毎日働いている目的も、報酬としての「お金」を入手するためでもあります。
しかし日常生活のなかでは、手元のお金が不足することもあるでしょう。

 

手元のお金が不足する場合には、なんとかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

 

お金を借りる方法を考えよう

「お金を借りる方法」として真っ先に思いつくのは、銀行などからの「借金」です。
しかし通常銀行などの金融機関から借入すると、利息を合わせて返済しなくてはいけません。

 

「借りたお金以上に返済」しなければいけないことになります。
よく考えてみると、金融機関以外からの借入方法もあるのではないでしょうか。

 

一番身近な親などに頼ることも、ひとつの立派な方法です。
どうしてもお金が足りない理由を説明すれば、支援を受けることも可能でしょう。
また信頼できる友人などに頼むことも考えることができるでしょう。

 

  • 「社会人として恥ずかしい」
  • 「自立しているのに、他人にお金を借りるなんて」

 

このように思われる方もおられるかもしれません。
しかし実際に「対人」からの借入が一番返済負担が少ない方法といえます。

 

返済についての融通もある程度きくでしょう。
なによりも「利息」を支払う必要がないのですから、返済の約束さえ守ることができれば、一番リスクの少ない借入方法かもしれません。

 

自分のピンチを救ってくれる方が身近におられることが、一番の自分の財産かもしれません。

 

自分の状況から借入方法を考えよう

「対人」「金融機関」その他の「お金を借りる方法」を考える前に、自分の状況をまず整理してみましょう。

 

  • いつまでに借りなければいけないのか。
  • どれだけ借りなければいけないのか。
  • なぜ借りなければいけないのか。
  • どのように返済していくのか。

 

これらの「借入条件」によって、お金を借りる方向はある程度見えてきます。

 

返済負担の少ない借入=「対人」でも、信頼できる方がそもそもおられない場合は、その他の方法を考えなくてはいけません。

 

金融機関から借入するには、十分な収入が無ければ審査に合格できないでしょう。
このように自身の状況をまずきちんと把握することが大切です。

 

そしてそのお金はどうしても必要なものなのでしょうか。
どうしても借りなければいけないものなのでしょうか。
場合によっては自己努力でなんとかならないものではないでしょうか。

 

お金を借りるということは、すなわち「借金」を行うということです。
どのような方法を選択したとしても、自己責任で補う必要があることを覚えておきましょう。
人気の記事
お金を借りる!学生が借りるには?