お金を借りるには審査が必要

「お金を借りたい」と思っても、誰でも借りることができるとは限りません
借入希望先の「審査」に合格して初めてお金を借りることができるのです。

 

「審査」を実施するのは民間の金融機関だけではありません。
国や勤務先の貸付制度でも必ず審査が行われます

 

親や知人から借りる場合でも、あなたを信用できるかどうかの判断を行う「審査」を必ず考えるでしょう。まさに「信用できるかどうか」が審査の最大の目的といえます。

 

お金を借りる場合の審査とは?

お金を貸す側としては、貸したお金をきちんと返済してもらわなければ困ります。
そのために利用者の返済能力を判断する必要があります。

 

とくに貸金業を営む金融機関では、貸したお金と合わせて利息をきちんと支払ってもらわなないと商売が成り立ちません。事業を続けていくためにも、審査を手放しで行うことはできません。

 

誰もが審査と聞けば「収入の多いこと」を条件として挙げるでしょう。
これは半分正解といえます。なぜならば収入が多いことにあわせて、その収入が「安定していること」が重要となるためです。

 

例えば前月の収入が60万円だったが、今月は0円つまり収入なし、というのは「安定した収入」とはみなされません。

 

毎月コンスタントに月収30万円を挙げている方が審査では高評価を得ることができます。
これは年度ベースでも同じことがいえます。

 

前年度が600万円で今年度が100万円の収入の方と、前年度も今年度も300万円の収入の方では、後者が審査では高い評価を得ることが可能になります。これは借入金額が多いほど、返済が長期にわたるほど重要視されるポイントとなります。

 

安定した収入を判断するには?

審査の最大のポイントは「安定した収入」です。
そこで審査を行う側は、利用者のあらゆる項目=属性から「安定した収入が確保できるかどうか」を判断することになります。

 

金融機関が判断する「属性」には次のようなものが挙げられます。
これは金融機関だけでなく、あらゆる借入方法においてある程度共通する項目といえるでしょう。

 

  • 勤務先、勤続年数、勤務形態などの勤務状況
  • 家族構成、居住形態、居住年数などの家庭状況
  • 他社の借入状況、返済実績、過去の事故情報などの借入状況

 

これらの「属性」を総合的に判断し審査結果が回答されます。

 

また審査では「利用者を信用できるかどうか」も判断します。
例えば「申込内容に嘘をつく」「申込時に威圧的態度をとる」「審査の過程の連絡がとれない」といった方は、お金を借りるのに「信用できない」と判断されることになります。
たとえ「属性」が問題なくても、このような行動は審査でも致命傷となるでしょう。

 

「無審査」の誘いには絶対に乗らない!!

民間の金融機関の中には、次のような宣伝を掲げている先もあります。

 

  • 「無審査でお貸しします!!」
  • 「誰でも即融資可能!!」
  • 「ブラックでもOK!!」

 

一見魅力的な金融機関に思えますが、このような誘いには絶対乗ってはいけません。
お金を借りることができる代わりに、法外な利息や手数料を請求されることになります。

 

いわゆる「闇金」と呼ばれる金融機関で、暴力団関係者が出入りしている事務所もあります。このような金融機関は「どうしても借りたい」という利用者の心理を巧みについてきます。

 

このような甘い誘いには絶対騙されないようにしましょう。

 

審査には「あらかじめ返済不能に陥るリスクを防ぐ」目的もあります。
きちんとした審査に合格することで、返済もきちんと続けていくことが可能と判断されたことになります。

 

自分を守る意味でも、堂々と審査に合格して借入を利用するようにしましょう。
人気の記事
お金を借りる!学生が借りるには?