お金を借りる場合の担保

お金を借りる時に「担保」を求められることがあります。
担保とは債務者が返済不能になったときに備える保険のようなものです。

 

万が一債務者が返済できなくなると、あらかじめ差し入れしていた担保を処分(換金)して債務の返済に充てることになります。

 

担保の種類は?

担保は難しい言葉で「債務の履行を確実とするために権利者(債権者)に提供される事物」と表現されます。

 

「債務の履行」とは「借りたお金を返済すること」で、権利者(債権者)とはお金を貸す側を指します。「提供される事物」には「人的担保」と「物的担保」の2つに分けることができます。

 

人的担保

いわゆる「保証人」のことです。
債務者(お金を借りる方)が万が一返済できないときには、保証人が代わりに返済することを約束するものです。代わりに返済することを「代位弁済」といいます。

 

「保証人」には人だけではなく「会社」なども含まれます。
銀行が個人ローンを提供する場合には、多くが関連会社の「保証会社」が保証人となります。

 

債務者は保証人となってもらう代わりに「保証料」を支払うことになります。

 

物的担保

特定の財産を差し出すことで借入の担保とするものです。
代表的なものは「不動産(土地や建物)」ですが、それ以外にも次のようなものがあります。

 

  • 売掛債権担保
  • 有価証券担保
  • 預金担保
  • 生命保険担保
  • 年金担保
  • 譲渡担保(所有権担保)
  • 動産担保(船舶・自家用車など)

 

担保と金利の関係

担保を取り入れることで、債権者(貸し手側)にとっては貸したお金が回収できる可能性を高めることが可能です。そのため担保付のローンは無担保融資に比較してリスクが少ないと判断されます。

 

返済に対するリスクが高いと、その分を金利でカバーしなければいけません。
逆に返済に対するリスクが低いと、その分金利を低く設定することが可能になります。

 

例えば無担保ローンのカードローンと、有担保ローンの住宅ローンを比較すると、後者がはるかに低い金利設定となっています。

 

銀行などの金融機関の個人ローンは、この原則に則り金利設定を行っています。
また法人ローンでも担保を提供することで条件の良い借入が可能になることもあります。

 

最近では「担保主義」が敬遠され、あくまで利用者の返済能力を判断して貸付を行っています。それでも担保があるのと無いのでは、金融機関の条件も大きく異なってきます。

 

借入の際に担保提供できる物品その他を検討できるのであれば、金融機関担当者とよく相談しながら、積極的に活用していくとよいでしょう。
人気の記事
お金を借りる!学生が借りるには?